千葉市で活用できる子育て相談コンシェルジュとはなんでしょう?

コンシェルジュサービス。ちょっといいマンションとか百貨店、はたまた上級のクレジットカードなんかに付帯するサービスです。

イマイチ一般の人には縁が薄いかもしれませんが、千葉市に住んでいたら誰でもこのコンシェルジュサービスを利用することができるのです。

子育てのコンシェルジュだよ

といっても、別に買い物を手伝ってくれたり、観光案内をしてくれるわけじゃあありません。

千葉市で利用することができるコンシェルジュサービスは子育て支援コンシェルジュなのです。

お願いできることは下のとおりです。

「千葉市子育て支援コンシェルジュ」は、保護者からの相談を受け、それぞれのニーズに合った子育て支援サービスについて情報を提供する専門の相談員(非常勤嘱託職員)です。
【業務内容】

保育サービスの利用に関する相談、情報提供等
※保護者からの相談を受け、それぞれのニーズに合った保育サービス(認可保育所、幼稚園の預かり保育、保育ルームなど)について情報提供するとともに、保育所に入所できなかった方への情報提供等のアフターフォローを行って、待機児童の解消を図ります。
子育て支援サービス全般の利用に関する相談、情報提供等
※1.の保育サービスのほか、子育て支援サービス全般の利用に関する相談をお受けし、情報提供等を行います。

千葉市HP

上のとおり、保育サービスについていろいろ教えてくれる人っていう感じなんですね。

ただ、あくまで子育てのコンシェルジュですから、マンションとか百貨店のコンシェルジュさんみたいな事をお願いできないので注意が必要です。

未就学児の保護者が利用できます

子育て支援って言っても、イマイチ自分が使えるのかどうかわかりにくいっていうことがあると思います。

その点、千葉市の子育て支援コンシェルジュははっきりしていて、未就学児の保護者なら利用することができます。

で、いろいな子育てに関する相談について乗ってくれますので、身近に相談相手がいる人も、身近な人よりも市のことに詳しい人に相談したいような内容(保育所とか市の子育て支援についての相談)でも気軽に相談できます。

もちろん、身近に相談相手がいないような人にとってはとても心強い存在です。

特に、一人目の子供の時って何から何まで不安になるものですからね。(二人目の時はどうですかって?二人目の時はいい意味で肩の力が抜けて適当になりますよ。)

相談場所、相談時間は

相談場所と相談時間は下のとおりです。

区名 相談窓口 電話番号  相談時間
中央区 中央保健福祉センターこども家庭課 043-221-2172 月 9:00から15:00 火から金 9:00から16:00
花見川区 花見川保健福祉センターこども家庭課 043-275-6421  月 9:00から15:00 火から金 9:00から16:00
稲毛区 稲毛保健福祉センターこども家庭課 043-284-6137  月 9:00から15:00 火から金 9:00から16:00
若葉区 若葉保健福祉センターこども家庭課 043-233-8150 水 9:00から15:00 月、火、木、金 9:00から16:00
緑区 緑保健福祉センターこども家庭課 043-292-8137  水 9:00から15:00 月、火、木、金 9:00から16:00
美浜区 美浜保健福祉センターこども家庭課 043-270-3150  水 9:00から15:00 月、火、木、金 9:00から16:00

各区に一人ずつ子育て支援コンシェルジュさんがいますのでいろいろ相談してみるといいと思います。

千葉市には

千葉市はこのような様々な取り組みをしているので、子育てにはとてもいい街だと思います。

待機児童対策にもしっかりと取り組んでいますが、保育園への入園希望者がとても増えて、待機児童は零にはなっていないのが現状のようです。

 千葉市は12日、2016年4月1日の保育所待機児童数が11人になったと発表した。認可保育所の整備により定員を大幅に増やしたが、申込者数が過去最高になった。さらに保育士不足で定員まで預かれない保育所が相次ぎ、3年連続の「待機児童ゼロ」は達成できなかった。保育士は各自治体で争奪戦となっており、市は待遇改善に向けた対策の検討に入る。

千葉市は4月までの1年間で認可保育所を20カ所、定員を737人増やした。しかし保育所の申込者数は前年より840人多い1万5356人に増えた。市こども未来局の山田啓志局長は同日の記者会見で「前年度以上に積極的に施設を整備したが、入所申込者数が大幅に増えた」と説明した。

中略

市はこれまで待機児童の解消に向け、市内全6区に相談者の希望に合った保育サービスを紹介する「子育て支援コンシェルジュ」を配置するといった対策を進めてきた。希望の保育所に入れない保護者には通勤経路上の認可外保育所を電話で紹介してきたが、大幅に増えた需要に対処しきれなかった。

千葉市、待機児童解消へ緊急対策 3年連続ゼロならず  日経新聞 2016/4/13

新聞報道されているように、かなり力を入れているのですが、中々むつかしいようですね。こういった大きな問題へ市としても全力で取り組んでいるのですが、国からも色々な支援があったら良いですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る