プラレール博in TOKYO2017は千葉市の幕張で、千葉市の幕張で(大切な事なので2回いいました)

GWの幕張は子供向けイベントでいっぱいです。

日本最大級のフリーマーケットや、イオンモールでやっている様々なイベント。

その中でも、毎年恒例のイベントがプラレール博i n TOKYOです。

そんな、プラレール博の感想については既にいろいろなサイトで書かれているので、本サイトではあまり深くは触れません。むしろ、プラレール博を楽しむコツというか、ちょっとしたテクニックについて書いてみたいと思います。

チケットは必ず事前に買っておこう

当日券を買おうと思うとめちゃくちゃな行列に並ぶことになるので、事前にチケットは買っておくことをお勧めします。

チケットを買うために数十分並んで、そのあと入場するまでに数十分並ぶとかしてしまうと、それだけで子供は体力がなくなってしまいますし、大人が何人かいればいいのですが、一人で子供を連れてくるとトイレが心配ですし。

それなので、チケットは事前に買っておきましょう。

早い時間か遅い時間がおすすめ

ただ、どうしても混むのがプラレール博です。時間によっては入場まで80分待ちとかはざらなのでピークの時間帯をずらしていくことをお勧めします。

早朝や終わり間際はあまり混んでいてない傾向があるので、時間さえ許せばピーク時間からずらしていくとよいでしょう。

特にお勧めは、早朝。朝はそこまで並んでいないですし、サクッと有料アトラクションをやることができるのでお勧めですよ。

有料アトラクションは逆算すべし

あと、有料アトラクションはチケット制なのですが、ひとつづつ必要な枚数が違います。

何も考えずに11枚セットのチケットを1,000円で買う人が多いと思いますが、時間によっては一つのアトラクションが90分待ちとかで、とてもじゃないけど買ったチケットを消化しきれないといった事が起こります。

そのため、事前にどのアトラクションを利用するかを決めておいて、必要枚数だけを購入するのがおすすめ。

本サイトの管理人は、何度かチケットを無駄にしたことがあります。無駄にすると結構悔しい思いをしますので、計画性をもって利用することを心がけてください。

迷子ワッペンはめんどくさがらずに

入口の側に迷子ワッペンを書くスペースがあります。

めんどくさがって書かない人もいるかもしれませんが、はぐれるとすごく大変なので必ず書いておくとよいと思います。

再入場ができるので利用してください

入場したとき、気が付くのが食事の場所がないという事。正確にはプラレールカフェというのがあるのですが、すごく混んでいるので食事場所は別に考えておいた方がよさそうです。

そこで利用したいのが再入場という仕組み。

一旦入場した後はすぐに再入場できるので、おなかがすいたらいっそのこと外に出てしまう事をお勧めします。

海浜幕張の駅に向かう途中には飲食店がたくさんありますし、バスでイオンモールまで行っても飲食店がたくさんあります。

幕張で

GWの幕張は一日遊べるいろいろなイベントがあります。プラレール博はinTOKYOと言っていますが、千葉市、幕張で楽しんでみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る