千葉市で子育てをするならチーパスはマストアイテムです

千葉市で子育てをするならチーパスは必ず持っておきたい便利ツールです。

まだ持っていない人はいないと思いますが、チーパスがどれだけ便利かについてかいていきたいと思います。

外食するなら

外食のお店では結構な頻度でチーパスが有効です。レジの側にポスターが張ってあったりするのでちょっと意識してみるといいかもしれません。

例えば、「丸亀製麺」では、うどんの増量やミニサイズのうどんがもらえたりします。小さい子供さんだったら、ミニサイズのうどんで十分だと思うので、大人だけお金を払えば食事ができてしまうというわけです。

また、「リンガーハット」では食事金額が5%引きになったり、「ファストキッチン」ではポイントが2倍になるといったサービスを受けられます。

遊びに行くときも

また、千葉市内の観光施設では子供料金が割引になったり、英会話スクールの入学金が割引になったりとあちこちで優待を受けることができます。

そのため、どこかに出かけるときは必ずチーパスをもっていって、とりあえずチーパスを提示してみるといった意識を持つといいかもしれません。

また、TSUTAYAではレンタルをすると旧作アニメのDVDを無料で貸してくれたりします。TSUTAYAの場合、お店ごとにサービスが違うので注意が必要ですが、千葉寺のTSUTAYA(リブレ京成の上のお店)はこのサービスをしています。(他のお店はちょっと確認できていないので、最寄りのお店は聞いてみてください。)

何処でもらえるの?

そんなお得なチーパスですが、千葉市の場合は区役所にある「こども家庭課」でもらうことができます。区役所まで行かなくても、きぼーるにある子育て支援館(きぼーる6階)でも受け取れます。

ただ、お子さんの年齢とかを確認されるかもしれませんので、健康保険証とかをもっていってくださいね。

一番下の子が15歳になるまでは使えるので、意外と使える人が多い感じです。もし使っていない人がいればこの機会に手に入れてくださいね。

最初は

こんな便利なチーパスですが、最初はそんなにお得じゃなかったんですよね。

使えるお店も少なかったし、なんというか、県が言っているから仕方なしにお付き合いしている感が満載という感じで・・・

で、我が家でも一応は貰ったけど「あんまり使えないし、使うところも少ないよね」なんて話していました。

でも、最近では使えるお店もすごく多くなっていますし、特典も各お店が本気を出して考えているなーって感じです。

それなので千葉市で子育てをするならチーパスは必須だと思います。

最初のイメージのまま、最近チーパスを使っていない人は本当にもったいないので、早速区役所かきぼーるに行ってみてください。

本サイトでも、チーパス情報はなるべく盛り込みますので活用していただければと思います。(口コミも大募集です!)

あと、このほかにふれあいパスポートという強力な制度がありますので、こちらも併せて活用していくとよいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る