千葉市は子育てによい街です

千葉市に住んでみて一番驚いたこと。それは子供がとても多いこと。

千葉県の田舎の方から引っ越してきたのですが、とても子供が多いことに驚きました。

都会に住んでいた

私は、最初は都内に住んでいました。そこで今の旦那と知り合って結婚し、男の子が生まれて住んでいました。

でも、都内と言っても下町に住んでいたので、正直気になったのは教育でした。

都内でも下町の方に行くと子育て環境はとても整っていて、児童館とかにしょっちゅういける感じだったんですけど、中学生以上になったときの教育環境がちょっと心配でした。

詳しくは言いませんけど、しっかりとした教育をしようと思ったときには、私立に行かないといけない感じがあったというか。

都内に住んでいれば車は必須じゃないですし、うまく暮らせば生活費は安く済むのですが教育費までトータルで考えたらちょっと厳しい感じが見えてきました。

田舎に住んでみたら

そんな中、旦那の転勤の話が出て千葉のすごーく田舎に引っ越したんです。正直ちょっとためらったんですけど、空気もいいし、おいしいものが食べられそうで、田舎の方が健康的な生活を送れるかなと思って引っ越しました。

で、田舎に住んでみると今度は、不便の一言。

日常生活には問題はないですし、田舎といっても千葉県だから車で頑張って都会に出れば買い物には不自由はなかったんですけど、子育て環境がどうしても手薄で。

児童館は近くにないし、公園で遊ばせようにも手ごろな公園が見当たらないしで。

海で遊べばいいんでしょうけど、毎日毎日海に行くっていうのもつらい感じでした。

あと、同年代の子供がほとんどいないんですね。都内に住んでいた時には千葉っていうと都会のイメージがあって、少子高齢化と言っても特に関係ないと思っていたんですけど、地方に行くとがっつり少子高齢化でした。

それなので、うちの子は幼稚園に行ったんですけど、近くにお友達がいなくってちょっと寂しそうにしていました。

千葉市は

で、冒頭のお話に戻るんですけど千葉市には子供がたくさんいます。

さすがは都会っていうところで本当に、子育て世代の仲間も多いので安心です。

あと、都内との一番の違いは教育について不安がないってこと。

特に私立に行かせなくっても問題のない高いレベルの教育が受けられる気がしますし、子供の学費を過剰に心配しなくってもいい感じなのが本当にうれしかったです。

外遊びもできる

それに、田舎と比較してなんですけど、外遊びを安心してできる整備された公園が多いんですね。

青葉の森公園や昭和の森公園、千葉公園、千葉市動物公園といった、一日中自然の中で安心して過ごせるような大きな公園も多いですし、うちの近所にも公園が多く整備されていて安心です。

文化施設も多い

その他には、青葉の森公園にはコンサートホールや博物館があり、千葉市の中心部には「きぼーる」という子育て応援施設があって、科学館(プラネタリウムもあるんですよ!)や子育て施設、体育館などが入っています。

あとは、千葉市の中央図書館なんかは、大きな大学の図書館みたいな雰囲気でとてもいい感じです。

都内に行かないなら

正直、都内に勤めている人は通勤が大変だと思います。でも、都内に通う必要がない人は千葉市はすごく住みやすくってお勧めです。

本音を言うと、東京に近い方が便利かなって最初は思っていました。

でも、千葉駅から少し下ったほうに住めば、住宅価格は東京通勤圏価格ではなくって千葉市価格なのでローンや家賃の負担も軽いですし、冷静に考えれば都内に買い物に行くにしても総武線、京葉線で一本だから本当に便利なんですよね。

だから、都会っていうより、すごーく便利な田舎って思ったらこんなにいいところはありません。

あと、高速道路もいい感じで走っているので千葉市内に住んで車を持っていれば(駐車場も都内に比べてとても安いですし)都内を通らなくってあちこちに行けます。

圏央道とか外環道とか本当に便利になりますよね!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る