青葉の森で子育てをして、子育ての疲れを癒します

青葉の森公園。

千葉市に住んでいると、とても行きやすいロケーションにあって、私も大好きな公園です。

子育てとしては

子育て目線で見ると、青葉の森公園には近くの公園にはない優れた点がたくさんあります。

遊具がある

正直に言うと青葉の森公園の遊具はそこまで充実していません。

同じ千葉市にある昭和の森の方が充実していますし(滑り台はまだ滑れないみたいですけど…)遊具が設置されている広さも昭和の森の方がはるかに大きくなっています。

でも、小さい子供を連れているとあまり大きくないというのがなんというか、ちょうどいいサイズなんですね。

子供は走り回りますけど、いっぺんに二人の子供を相手にしようと思うと昭和の森では見失ってしまう危険性を思ってしまってリラックスできないんですね。

それに対して、青葉の森公園の遊具は小さくって設置されている範囲も狭いんですけどちょうど目が届く範囲なんです。

小さい子供が楽しめるような遊具が中心なのもいい感じです。

それなので、青葉の森公園の遊具はちょうどいいんです。

芝生の広場

で、遊具があるすぐそばに芝生の広場が広がっています。

だからボールとかバトミントンとかを持っていくと近くで遊べるので、下の子を遊具で遊ばせておいて、目を配りながら上の子とボールで遊ぶといった事もできちゃいます。

また、芝生の広場は遊具があるところ以外にも何か所かあるので、その日の気分によって別の広場に行くこともできちゃいます。

公園をぐるっと回るだけでいい運動になるので、運動不足気味な家族がいるなら子供と遊ぶといった口実で引っ張りまわすといいと思います。

つくしんぼの家

遊具のある広場の側にはつくしんぼの家という、工作とかをして子供が遊ぶことができる設備があります。

児童館みたいなイメージなんですけど、地域地域で固まっている感じが薄いのでふらっと行って子供を遊ばせることもできちゃいます。

(公民館とか児童館だとなんか入っていくのに気兼ねしちゃいますよね?でもつくしんぼの家は気兼ねする雰囲気が全然ないので気に入っています。)

博物館(千葉県立中央博物館)

少し大きな子供さんだったら博物館もお勧めです。県立博物館で、入館料もとても安いですし中にはちょっとした喫茶店が入っているので公園を散歩して疲れたらそこで一休みするのも楽しいです。

博物館は本当に本格的で、千葉の歴史(地学とか考古学とかそういった意味での歴史です)を学ぶことができます。

好きな人にはたまらないと思いますよ。(私はちょっとそこまで歴史とか好きじゃないんですけどね。)

生態園

博物館の付属施設なんですけど、自然をそのままで保存していて観察できるようにしている生態園という施設もあります。

鳥を見るのが好きな人とかにはすごく楽しいところだと思います。

コンサートホール(青葉の森文化芸術ホール)

音楽好きな人ならコンサートホールもあるのに驚くと思います。ここもレストランが入っていますし、タイミングが合えばコンサートを聞くことができるのでとてもいい感じです。

もっとも、千葉市のコンサートはココじゃなくって千葉城のほうの千葉文化会館でやっていることが多いので、ここでのコンサートに出くわす可能性はちょっと少ないかも。

運動場

野球場や陸上競技場も整備されています。

試合とか大会がある日は駐車場が一杯になるので要注意です。大体春先と秋口に大会がある感じなのでもし車で出かけるときは調べておくとGOODかもしれませんね。

あと、試合がある日はバスも学生さんがいっぱい乗るので時間も見計らったほうがいいかもしれませんよ。

近くには食べ物屋さんも

で、青葉の森を散歩する楽しみはほかにもあります。

近くには食べ物屋さんがたくさんあるので寄り道も楽しい感じ。

彫刻広場の方(西の方)にはココスやくら寿司、アンジェリカというイタリア料理店、サイゼリヤがあります。散歩で疲れた後、おやつを食べさせるのにとても便利ですし、子供たちが歩くのを嫌がったときなんかも、おやつを食べに行くよっていえば復活する感じがするのでいいですよ。

あと、南の方(住宅展示場がある方)にはインド料理のデュワン、中華料理の桂彩魚があります。どっちもとてもおいしいのですが、子供連れでいった事がないので子供連れの対応はわかりません(知っていたら教えてくださいね。)

大人が散歩するには

で、そんな子供を連れて歩くといい感じな青葉の森公園なんですけど、大人が散歩するのにもちょうどいい感じです。

大きな高速道路が走っている関係上、公園の端っこを歩くと少しうるさいのですが公園の真ん中を歩いていると本当に森の中にいるようでとっても気持ちが落ち着きます。

子育てとか仕事で疲れているときに、よく来ていますけど、いつも来てよかったと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る